スポンサーリンク

こんにちは!

あまみんの部屋にきてくださって
ありがとうございます^^

今回はペルシャについてまとめてみました!

ここ最近元気な感じの種ばかりまとめたので、
おっとりしたのを書きたいな〜と思いまして笑

それではさっそく見ていきましょう!
ペルシャ

スポンサーリンク

ペルシャの特徴

1つ目は猫界で1番の美しい長毛です!
触ると柔らかくなめらかなんですよ。

そして毛の色によって呼び方が違います。

ゴールデンとシルバーは一般的に
チンチラ」と呼ばれます。

あまみん
皆さん知ってましたか?
私は知らなくて、チンチラという
種なんだと思ってました

首周り、耳の周辺、しっぽ周りは
長めの飾り毛が多いです。

シルバーは艶のある毛で、輝いて見えます

私はチンチラシルバーを飼ってる
人の家に行ったことがあるんですが、
本当に綺麗です(´∀`*)

ゴールデンは黒と茶色の毛の混合色です。

なんだか小さなライオンに見えます!

猫界の王様というのも納得です!

シルバーやゴールデン以外の単色の子を
ソリッド」と言います。

毛の色は黒、ホワイト、レッド、ブルーです。

写真を見てみたんですが、黒は
「まっくろくろすけ!」って感じに見えました笑

他に「スモーク」、「シェーデット」、「パーティーカラー」、
タビー」、「キャリコ」、「バイカラー

と呼び方が色や色の混ざり方でわかれています。

あまみん
いやーすごいですね…! 猫の王様とあって
細かく決められてますねー





さあ  毛の話はこれくらいにして、
いつも通り体重や寿命などを見ていきましょう。

体重はオスなら3.5-6.0kg
メスなら3.0-5.5kgが平均です。

体型はコビータイプです。

まんまるで、太ってるように見えますが、
筋肉質で骨太な体をしているんですよ!

平均寿命は15-20歳と長いです! 

病気などに気をつけて長生きさせてあげましょう。

あとは、目・鼻・顎が横から見て
同じ位置にあります。

「ドールフェイス」と呼ばれています。

愛嬌のある顔つきですね。

ペルシャの性格

ものすごーくおっとりとした性格です。

ただ猫の中でもキツめな性格と言われてます。

でも飼い主にだけは甘えてくれる…。

でもベタベタと過度にかまわれるのは好きじゃないという。。

本当にお人形みたいに見えそうです笑

飼い主にはおとなしくて従順です。

ただあまり覚えは良くないのか(?)
トイレトレーニングは根気よく、と書いてある
記事もありました。

飼い主に寄り添って生活するのが好きなのか、
一緒に添い寝してくれるみたいですよ!

あまみん
たいてい寝て過ごすのがペルシャですけどね笑

飼う時に気をつけること

①1日のほとんどを寝て過ごす!
なるべく起こさないで

ペルシャはなんと1日13-16時間寝て過ごします!

あまみん
びっくりですね!

結果的に運動はそんなにしません。

寝て過ごすことが多いので、
留守番も平気
!

鳴き声もほとんどなく
発情期のオスでさえ
あまり鳴かないと聞きます。

確かに私も飼ってる人の家に行った時
鳴いてなかったです!
静かに階段や、テーブルに寝そべってました。

あまみん
徹底的にエネルギー温存してますね笑


寝てる時は起こさないよう
そっとなでるくらいにしてあげましょう。

猫と遊びたいって人には向いてないのかも…。

②美しい被毛を保つために、毎日ブラッシングを

ペルシャの美しい見た目を維持するには、
毎日のブラッシングが欠かせません!

毛球症を防ぐためにも ちゃんとしましょう!

かかりやすい病気が多い!?

・鼻が高くないので、「鼻腔狭窄症」に注意!

鼻が低い種全般に言えることですが、
「鼻腔狭窄症」になりやすいです。

この病気は、鼻が塞がってしまい呼吸や
体温調節が難しくなる
ものです。

また、涙腺と鼻をつなぐ管が
曲がっているために
目から涙があふれやすいです。

そのため、目ヤニができやすいので気をつけてください!

・「多発性嚢(のうほう)」症」

ペルシャのかかりやすい代表的な病気です。

シャルトリューのところで触れましたが、

これは腎臓の内部に水のう胞ができ、
元気が次第になくなり死に至ります。

治療法はありません(T_T)

異変に早めに気づき、進行を遅らせましょう。

・「毛球症」

長毛種は絶対 気をつけないといけない病気ですね!

毎日のブラッシングで、
飲み込む毛を少なくするよう心がけて。

・「角膜炎」

被毛に角膜が当たって擦れてしまい、
角膜が傷ついてしまう病気です。

大量に涙を流す光を異常に眩しがる
といった時には病気に行ってください。

・「肥大性心筋症」

発症してもほとんど異変がない病気で、
最終的には歩けなくなってしまいます。

定期検診などが大事そうですね。



あまみん
ペルシャは気をつける病気が多いですね…

寝て過ごすことが多いですが、観察して
気づいてあげられるようにしたいですね。

まとめ

上品で静かな猫ということが分かりました。

かかりやすい病気が多いので
細かい変化に気づけるよう、
日頃から観察しておきたいですね!




書く内容が多すぎて、まとめがめっちゃ短くなりました。すみません笑

それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

感想などは下のところからお願いします(´▽`*)

スポンサーリンク