スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

あまみんの部屋にきてくださって
ありがとうございます^^

今回はノルウェージャンフォレストキャット
についてまとめてみました!

メインクーンと似てるので、
その違いや性格などについて
まとめていきますよ!

ノルウェージャンフォレストキャット

スポンサーリンク

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴

ゴージャスな被毛と、ロング&
サブスタンシャルタイプの大きな体です。

体重はオスなら4.5~7.5kg
メスなら3~5.5kg程度です。

似てると言われるメインクーンはオスなら4-8kg、メスなら4-6kgです。

メインクーンよりは若干軽めですねー。

北欧神話には雷神がノルウェージャンフォレストキャットを持ち上げられなかった話や、
女神フレイヤが猫に車をひかせた話で登場します。



さて、メインクーンとの違いは、耳と鼻です。

メインクーンは耳に飾り毛があり、
尖っているように見えますが、

ノルウェージャンフォレストキャットは
飾り毛がなく、普通の猫の耳の形です。

鼻はメインクーンが横から見て三角になって
いるのに対し、
ノルウェージャンフォレストキャットは
なだらかなカーブを描いています。

あまみん
見分ける時の参考になればと思います!


平均寿命は11-14歳となっています^^

ノルウェージャンフォレストキャットの性格

おとなしく寂しがり屋で、賢い性格です。

たくさんかまってあげたい!という方には
最適だと思います。

また、好奇心旺盛でいたずら好きなところも
あります。

押し入れや戸棚を見たがることもあるので、
物が落ちないよう注意が必要です。



ちなみに、ノルウェージャンフォレストキャットの
前足は少し外側に開いています。

これは野生のころに木登りなどを
多く行っていたことの証です。

野生のころを色濃く残しているので、
高いところから眺めるのが好きです。

あとは追いかけるおもちゃも好きなはず。

我慢強いところもありますが、
ストレスに弱いところもあるので単体から
飼うのがいいでしょう。

飼う時に気をつけること

①夏は熱中症になりやすいので、
クーラーをつけておく

寒いところに生息していただけに、暑さは苦手です。

クーラーをつけておくなど、対策は万全に!

あまみん
サマーカットにしてあげると、よりいいかも!


②かかりやすい病気

ノルウェージャンフォレストキャットは、
比較的病気になりにくいですがかかりやすい
病気というのはあります。

「糖尿病」

ノルウェージャンフォレストキャットは
糖尿病の好発品種…。

トイレの回数が増える、お腹がふくれる、
体重が減るなどの症状があります。

人と同じで治らないので、
餌の与えすぎなどに注意しましょう><

「毛球症」

毛づくろいで飲み込んでしまい、
吐いたり排便ができなくなることです。

ブラッシングやシャンプー、毛玉ケアのできる
フードなどで予防ができますよ!

「グリコーゲン貯蔵症」

ノルウェージャンフォレストキャットに
起こる遺伝的な病気
です。

発症自体が稀なので、原因などがはっきりとしていません…。

発症すると肝臓のグリコーゲン(糖質)が
分解されなくなり、低血糖や肝臓の肥大
あります。

これらの症状が出たら病院に連れて行きましょう!

「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」

これはまぶたが内側に反る病気です。

生まれつきであったり、けんかでの怪我や、
慢性的な結膜炎や角膜炎が原因です。

眼球の痛み」「瞼の痙攣」「目ヤニ
目をこする」「目の充血
まばたきの増加」などの症状があります。

目を気にするそぶりがあれば、早めに病院に
連れて行ってあげてください!

手術で治してくれますよ。

③ブラッシングは1日2回

ゴージャスな被毛を保つためにも、
ブラッシングが欠かせません!

サボってしまうと毛玉ができやすくなり、
カットするしか方法がなくなってしまいます( ; _ ; )

しっかりと行いましょうね。

まとめ

穏やかで寂しがり屋な性格と分かりました。

かかりやすい病気もありますが、
基本的なものは運動と食事の管理で防げるはず!

一緒に楽しい生活を送れるようにしましょう!



それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

感想などは下のところからお願いします(´▽`*)

スポンサーリンク