スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

あまみんの部屋にきてくださって
ありがとうございます^^

今回はバーミーズについてまとめてみました!




見た目は黒猫っぽいですが、
実際はどんな感じなのか見ていきましょう^^

スポンサーリンク

バーミーズの特徴

黒褐色でポイントのある被毛とゴールドの目が特徴です!

アメリカン・バーミーズ
ヨーロピアン・バーミーズの2種があり、
それぞれ異なった身体的特徴を持ってます。

アメリカン・バーミーズ
頭が丸みを帯びていて、ふっくらとした頬、
鼻は幅が広く短めです。

体は全体的に筋肉質で、
どっしりとした体型になっています。
足や胴は短めで太くコビータイプです。

ヨーロピアン・バーミーズ頭は短いV字型で、丸みを帯びており、鼻は丸いのが特徴!

体は、前足よりも後足が長いことも特徴です。

やや小さめの細身体型で、セミフォーリンタイプです。

アメリカン・バーミーズは
アメリカや日本で人気!

ヨーロピアン・バーミーズはヨーロッパや
オーストラリアで人気になっています。

ちなみにアメリカンのキャットショーでは

シャムとペルシャに続いて、
出陣頭数が多い人気ぶりなんですよ!



体重は4-6kgで筋肉質です。

平均寿命は13-15歳くらい。

あまみん
猫の平均寿命と同じくらいですね!


バーミーズの性格

温厚で、賢く好奇心旺盛

バーミーズは、アメリカン・バーミーズと
ヨーロピアン・バーミーズどちらも、
とても穏やかな性格で、誰にでも懐いてくれますよ!

環境の適応能力も非常に高いと言われています。

あまみん
これは引っ越し人が多い人にも嬉しいです

また、人好きで思いやりの心が強いんです^^

そこから「慈悲深い猫」とも言われてるんですよ!

とても賢い猫なのでしつけは簡単

猫は子供が苦手な傾向にありますが、
バーミーズは人が好きな性格なので
子供の相手もしてくれます(´▽`*)

多頭飼いでも比較的早い段階で、
その環境に馴染んでくれますよ。

鳴き声はとても小さいです。

穏やかな性格もあり、
鳴き声で迷惑をかけることはないはず!

マンションや集合住宅でも安心して
飼うことができますね。

また、1匹で留守番もできる性格なので、
単身者でも安心して飼うことができますよ^^

生活環境もすぐに慣れるので誰にでも
飼いやすい性格の猫といえます。

また、何事にも興味津々な子です。

飼い主さんが話しかければちゃんと聞いてくれます

バーミーズはおしゃべりが好きな猫でもあり、
飼い主さんの顔を覗くように話を聞いてくれるんですって!

あまみん
これは嬉しいですね


活発で運動することが好きです。

でも小柄な体型なので、キャットタワーなどがあれば運動ができないからとストレスを溜めることはないはずですよ^^

バーミーズを飼う時に気をつけること

①寒さは苦手。暖かい環境を

毛が短いので、寒さは苦手。
冬は特に気をつけて!

あまみん
年中一定の温度管理が大事ですね

②体調は被毛に出やすいので観察を

毛が短いので、体調が皮膚や被毛に出やすいです。

普段と違う部分や肌の状態に気づけるようにしましょう。

また、綺麗好きなので、
ブラッシングは必要ないくらいです。

たまにシャンプーをしてあげるといいと思いますよ^^

③気をつける病気

「緑内障」や「流涙症」

シャムの系統を持っているバーミーズは
目の疾患を抱えやすいといわれています。

緑内障や流涙炎を起こしやすいので注意を。

涙が気になる場合は病院で薬をもらうようにしましょう!

「肝臓系の病」

肝臓病のリスクも高いとされています。

肝臓への負担をなるべく減らすために、
こまめに水を補給できるようにするといいですよ( ‘-^ )

バーミーズまとめ

人懐っこく環境変化にも強い猫ということが分かりました。

きれいな目と被毛のグラデーション楽しみたいですね!



それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

感想などは下のところからお願いします(´▽`*)

スポンサーリンク