スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

あまみんの部屋にきてくださって
ありがとうございます^^

今回はミヌエットについてまとめてみました!

短足が特徴ですが、マンチカンと何が違うのかなどを見ていきましょう^^

ミヌエットの写真

スポンサーリンク

ミヌエットの特徴

ミヌエット(ナポレオン)は、丸みがある体に短い足が特徴です。あとペルシャ譲りのフワフワな被毛も!

耳もさほど尖っていないので、全体的に丸く見えます。

ただ骨格はしっかりしており、首が太いのが特徴です。

見た目のかわいらしさとは異なり、筋肉質でがっしりした体なんですよ!

がっしりしている割には体の大きさは小さめで、
体重はオスで3-4kgメスは2-3kg程度です。

丸い頭をしており、ペルシャほど鼻口部は低くないです。
鼻先には額と鼻のつなぎ目の部分のくぼみがあります。



ミヌエットはマンチカンの長足が捨てられたりするので、
短足しか現れないようにしようという目的で生み出されました。

あまみん
悲しい理由です….(´;ω;`)

最初はマンチカンとペルシャを組み合わせました。
その後、ヒマラヤンやエキゾチックショートを
組み合わせて誕生。

まだ全部が短足という訳ではありません。
今も改良続けられていますよ!

最初は「ナポレオン」という名前でしたが、
2015年「ミヌエット」に改名!

あまみん
私は「ナポレオン」として知ってました。

あ、平均寿命は13歳くらいですよ^^

ミヌエットの性格

穏やかでマイペース、でも好奇心もある

マンチカン譲りの好奇心旺盛さに、
ペルシャ譲りの甘えん坊と穏やかさが加わっています。


社交的で警戒心が少なく、飼い主にも来客にもよく懐いてくれますよ!

しかし、自分の時間も大切にするところがあります。

時折距離を置いてあげて程よい距離感で接すると
コミュニケーションのバランスが取れてストレスを与えないようにできるはず!

マンチカンの好奇心が受け継がれているので、
結構運動します

昇り降りも大好き!
なのでキャットタワーを準備してあげると楽しんで遊んでくれるはず^^

動きも俊敏ですので小物類で怪我をしてしまわないよう無駄なものは置かないようにすると良いですね!

優しいし、賢いのでしつけはしやすいはず!

好奇心旺盛なので、ついつい走り回ったり
飛び跳ねたり
するでしょう。。。

それをあまり叱らないようにしましょうね!

ただイタズラもします。

本当にしてはいけないときだけ叱るようにして、
それ以外の時は褒めたり放置したり…

性格に合わせたバランスの取れたしつけを行いましょう。

飼い主がかまってあげなくても1人で遊んでいられる性格です。

家にいられないことに神経質にならなくてもかまいません。

あまみん
おっ一人暮らしの人には嬉しい情報が


しかし信頼関係が築かれてのしつけなので
コミュニケーションはしっかりとるようにしたいですね!

飼う時に気をつけること

①広めのスペースがあるといい

ミヌエットはある程度動き回る猫です。

キャットタワーを設置したりして
動けるスペースを作りましょう。

②気をつける病気

ペルシャを掛け合わせているので、
その影響としてかかりやすい病気があります。

「肥大型心筋症」

心筋症は心臓を動かす筋肉が太くなったり、
心臓が拡大することで負担が大きくなる病気です。

たいして運動していないのに
息苦しそうにしていたら、
この疾患を疑って早めに病院で検査を!

「のう胞腎」

シャルトリューのところなどでも取り上げています。

のう胞という細かい袋ができ、
腎臓に水が溜まっていきます。

最初は気だるげにしているだけですが、そのうち腎不全になり死に至ります

残念ながら治療法がないとのこと(T ^ T)

予防法としては、水をこまめに飲めるようして腎臓の負担を減らすようにすることです。

尿を我慢しない環境が大切だそうです!

「角膜炎」や「流涙症」

ミヌエットは顔がぺちゃんこになりすぎないようにかけあわせました。

ただ、個体差があるので目のあたりは気をつけて見ておくといいですよ!

目をしきりに擦っていないかなどがヒントになります。

③ブラッシングは毎日

柔らかい被毛なので毛玉ができないように注意。

可能な限り毎日してあげましょう。

まとめ

主にペルシャとマンチカンのいいとこ取りをした猫だと分かりました。

穏やかな時と、元気に遊ぶギャップもありそう!

病気に気をつけて飼いましょう^^



それでは最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

感想などは下のところからお願いします(´▽`*)

スポンサーリンク