スポンサーリンク

こんにちは!

あまみんの部屋に来てくださり

ありがとうございます^^

今回はラグドールについて書いていきます!

ラグドールはフワフワとしていて、

抱かれてもあまり嫌がらないことで有名です。


性格や飼いやすさも調べましたよ!

あまみん
ちなみに管理人が飼いたい猫NO.1です笑

スポンサーリンク

ラグドールの特徴

ラグドールは見た目は柔らかですが、

ボディタイプは「ロング&サブスタンシャル」です。

骨格ががっしりして筋肉が発達した、
体重のある猫です。


サイトによっても異なりますが、
オスは5-9kg、メスは4〜7kg
ほどあるようです。

あまみん
膝に乗せてたらしびれそう…笑

成長は大型のため、成長するには3-4年かかるとのこと。

生まれた時は真っ白で、

そこから色がついていくので

成長過程も楽しめそうですね!

ラグドールの性格

知っている方も多いかもしれませんが、
ラグドールは優しくおとなしい性格です。

また、子供や他の猫たちに
ちょっかいを出されても
我慢強く温和です。

人懐っこく、甘えん坊な子が多いです!
抱っこも大好きで、膝に乗ってくることもあるようです。

ただ子どもが相手でも、

全て体重を任せてしまうので

小さいお子さんがいる方は

少し注意が必要かもしれませんね!




鳴き声も大きくなく、

狩りにもあまり関心がないので

家具や壁がボロボロになってしまうということもなさそうです。

あまみん
これ大事なポイントですよね


でも、適度に運動はさせるようにしてください。
肥満になっちゃうので。。

キャットタワーなんかを検討されてる方は、

ラグドールに関してはそんなに高さはなくていいようですよ!



さらに飼い主にも従順で躾がしやすいです。

甘えん坊ですが、
留守番もちゃんとできるので


一人暮らしの方にも向いてますね!

飼う時に気をつけるポイント


ラグドールを飼う時に気をつけるポイントを
簡単にまとめていきます。


後で理由を書きますが、
忙しい方は飛ばして大丈夫です!

3~4歳までは活発なので、元気に運動できるスペースを!
室内で飼うようにする
③エサは1歳まで高カロリー、高タンパクなものを。それ以降は気をつけて!
④ブラッシングは毎日が基本。しっぽは軽く

①3、4歳までは運動できるスペースを!

ラグドールの寿命は14年前後

おとなしいと言われるラグドールでも、
大きくなるまでは活発です!


1歳までは急激に成長し、

ゆるやかに3、4歳まで成長します。

人で言うと39歳くらいまで育つんです!
すごいですよね

しっかりとした健康な子でいてもらうためにも、
ちゃんと運動させましょう!

4歳を過ぎれば落ち着いてくるので、
肥満にならない程度の運動でOK。

飼うなら子猫の時から!という願望がある方もいると思います。

子猫から育てれば美しい猫ちゃんになるまでの過程や、

子猫の時と成猫になったときの違いも楽しめますねー^^

子猫の時の画像も貼っておきますね!
ラグドール 子猫

②室内で飼う

ラグドールは穏やかな性格のため、

外での危険に対応しきれないからです。

家でも棚から物が落ちたりしないように工夫してあげてください。

怪我したらかわいそうですもんね…。

また、帰巣本能が強いので

引っ越しなどをした時には
慣れるまでそっとしておきましょう

慣れればまた甘えん坊に戻ってくれますよ!

③1歳までは高カロリー・高タンパクなものを

①でもいいましたが、
1歳
までは急激に成長します。

そのためご飯を
高カロリー、高タンパクにする必要があります。

それで元気に育ってもらいましょう!


でも、2歳以降は注意してください。

というのも、運動量が少ないので、
カロリー消費されづらいからです笑

あまみん
肥満なのかわからない時には獣医さんに相談しましょう!

④ブラッシングは毎日しよう!

セミロングでも毛は多いからです笑


毛玉ができることは少ないので、ブラッシングもしやすいはず!

しっぽは念入りにしてしまうと
貧相な細い感じになってしまうので、

さっと
で十分です^^

ラグドールまとめ

いかかでしたか?

一人暮らしや初めてでも
飼いやすい
ことが分かりました。

おとなしく甘えん坊なラグドール。

運動も控えめ。肥満にだけは気をつけて飼うようにしたいですね。


それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク