スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

この間米津玄師さんに実際年上の彼女がいると言う記事を書きました。

調べていたところ、米津さんの紅白出場に貢献したという話があったので、まとめてみました!

あ、彼女Kがどんな貢献をしたのか知りたい方は2つめの目次からどうぞ!

直前に紅白出場を決めた米津玄師

彼女のことを話す前に紅白出場までの流れをおさらいしましょう

米津玄師さんが紅白出場を発表したのは直前の12月26日

それをNHKが認めるという異例なケース

これだけでも驚きですがNHKはさらに中継場所まで用意しました!

それて無事大成功し、視聴率44%をたたき出したのです
素晴らしいですね(๑´ω`ノノ゙ぱちぱちぱち✧



しかし紅白には出ないのでは?という意見も多くありました。

米津玄師さん自身もファンからのテレビ出ないのは理由があるんですか?の質問に

「テレビが呼んでくれたら、あと、自分が必要だからと感じたら出る。出ないと決めてるわけじゃない」

とTwitterで回答していました。

じゃあどうして急遽出ることになったのか?

レコード会社の回答は
「祖父の他界から1年の節目の大晦日に、
自身の故郷、そして祖父の生きていた土地・徳島で
この曲(Lemon)を歌うことの意味を感じることができた
ためこの度のオファーを受けさせていただきました」

とのこと。
まー別に違和感はないですよね。

むしろNHKがめっちゃ折れて出演してもらうことになったんじゃないの??ってくらいです。

じゃあ誰がNHKにその要求を言って通したのか?

それこそが彼女Kさんなのです!!

スポンサーリンク

米津玄師の10歳年上彼女Kが紅白出場に貢献!その正体は

ではその彼女Kの正体に迫ります!

彼女Kは個人事務所の社長!!
米津玄師の10歳年上彼女Kが紅白出場に貢献?!その正体に迫る!

それは下に貼ってあるところからリンクに行けば詳しく見れますのでぜひ(*^^*)

こっちではNHKの出場にどう貢献したかについてだけ書いていこうと思います!

Kさんはユニバーサル・ミュージックの社員でしたが、
ファンとしてスカウトし2013年にデビューしました。

週刊文春では

『作曲から編集まで全てパソコンで自己完結していた米津さんを、Kさんがスタジオに連れ出しました。ただKさんは周囲のスタッフへの要求が高いため、頭を悩ませる担当者は多く、レコード会社の担当は頻繁に交代しています。』

ということでNHKにも難しい要求をしたのは確実だろうと思います。

ではなぜ出演させたのか?
Kさんは元々ラジオや雑誌にミュージシャンを売り込むのが仕事でした。

そのことを考えると米津玄師さんを売り込むために出演させたのではないか?と考えられます。

目標は何か?
週刊文春は東京2020でNHK公式テーマ曲を担当すること
だと言っています!

そうすればたしかに国民的歌手にも近づくでしょうね〜

そこまでの野望がKさんにあるかは別として、応援したいのは1番でしょうからね。

頑張ってほしいですね!

米津玄師の10歳年上彼女Kが紅白出場に貢献?!その正体に迫る!まとめ

米津玄師さんが紅白出場するまでの経緯と、
彼女Kの貢献について書いてきました。

もちろん米津玄師さん自身が意義を感じたから紅白に出たとは思います。

ただ、徳島からの中継とか間近で出演発表したのを受け入れるようにできたのは彼女Kさんの存在がかなり大きかったんだろうなーと感じました!

もしかしたらテレビ出演が増えるのかなーなんて笑
これからも頑張ってほしいですね

あ、下にある「彼女Kさんの記事」も読んでもらえるとさらに分かるはずなのでぜひ!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク